注目

初めまして!

こんにちは。初めまして。
石渡悠起子と言います。

このたび英語学習と翻訳の仕事のウェブサイトを立ち上げることにしました。

ここで自己紹介を一つ。

わたしは日本の高校を卒業し、2003年からNYの短大へ進学。

卒業後、四年制大学に入学し、準主席で卒業。
音楽やりつつ、2012年に日本へ帰国。
TOEICは随分昔ですが、2010年の初回受験で990点取りました。

今は歌を続けながら、
企業やアート団体などに向けて英日翻訳と日英翻訳を提供しています。

何年も音楽と翻訳の仕事を続ける一方で、
「私が本当に淡々といくらでも皆の役にたてること、何だろう?」

そんな風にずっと考えていました。

 

 

そんな中。

ここ最近英語を教えて欲しい。
この英語のニュアンス合ってる?

等々、聞かれることが沢山。

もしかして、いや、きっとこれも人の役に立てる事かも知れないな。

そんな風に素直に思うようになりました。

 

ここで皆さんに向けて発信するブログが、少しでも英語へもう一度触れたり、もっと好きになるきっかけになればと思います。

そして、わたしがかつて音楽で留学したように、
英語を皆さんの夢を掴む「道具」として身につけてもらえたらこんなに嬉しい事はありません。

これからどうぞ宜しくお願いします!

 

石渡

翻訳ツールの上手な使い方

こんにちは。翻訳者の石渡です。
暑い日々が続きますが皆さんお元気ですか?
5月にタイに行ったのがもう遠い昔のようです。
遠出は秋になってからになりそうですが、関東の夏も楽しもうと思います。

さて、すっかり時間が経ったのですが、去る五月に訪れたタイで、生まれて初めて全く言葉が通じない経験をしました。

かつて海外に住んでいたものの、たいして海外旅行をしたことがない私ですが、唯一の非英語圏への旅行だったキューバ旅行も、英語と超簡単な単語レベルのスペイン語と身振り手振りで、なんとかなりました。今回のタイは本当に全くわからず、挨拶のコッポンカーッを、ポップンカーとずっと言い間違えてたくらい。でも笑顔でなんとか乗り切った感じ。

そんな旅行で、私もついにGoogle 翻訳アプリを使用したんですが、本当に便利でした。わたしは日本語⇔タイ語で使用しましたが、英日でも使えそうなので、
今回はその使い方をシェアしてみます。

ちなみに個人の翻訳者で客先に指定されない限り、機械を推してる人って少数のようなのですが、わたしは長くIT業界のお手伝いをしてきたせいか、「便利なもの活用して、浮いた時間を人間にしかできない作業に使おうぜ〜!いぇー!」みたいな人間です。どうぞよろしく。

翻訳ツールって?

無料の翻訳ツールです。短文、フレーズごとの翻訳に適しているので、会話などに使用できます。文書内の、必要な文のみ訳したいときにもおすすめです。

1)Google 翻訳

こちらは、断然スマホのアプリ版をおすすめします。旅で重宝しました。なぜなら次のような事ができるから。

  • 音声入力 マイクボタンを押してから現地の人に話してもらうと、日本語に変換されます。
  • 画像入力 わからない言葉で書いてあるラベルをアプリ起動中に写真撮影すると、多言語に変換してくれます。

    ちなみに文字入力もできますが、次に出てくるWeblioさんを推します。

PC 版Google 翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/google-%E7%BF%BB%E8%A8%B3/id414706506?mt=8

Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=en

2)Weblio 翻訳

辞書サイトWeblioさんの翻訳ツール。
例文が細かく出てくるので、文章作成だったらこちらがおすすめ。
パソコンだったら断然こちらがおすすめ。辞書も同じサイトから見れますので。アプリは何年か前につかってみた時は広告が多くて辞めちゃった。今はいいかも。有料版はきっとすっきりしてて使いやすいはず。

Weblio翻訳サイト
https://translate.weblio.jp/

 

自動翻訳ツールの使い方

1)原文を入力して訳を出す

基本的な使いかたは、すごくシンプル、どんなツールも原文を入力する枠があるので、訳したい分をそこに入力します。今回はGoogle翻訳でやってみました。
日本語から英語に訳したいので、左に日本語をいれます。

例文は「お待たせしました」。さて、入力すると、こんな結果が出てきました。

Sorry I made you wait. ですって。

なかなか良い訳も混ざっている場合も沢山ありますが、やはり無料ツールなので、中には斬新な誤訳がまざっている場合もあります。
それから、何気なく「お待たせ」と言っても、どんな文脈で言うかによって、伝えたいニュアンスも少し変わりますよね。他にもどんな風に訳せるのか、Weblioでも見てみましょう。

自分の伝えたいニュアンスに近いのかどうか、どう確かめたら良いのか、次のセクションてみてみましょう。

2)訳された単語を入れて、日本語を確認する

今度は原文に、Sorry I made you wait.を入れました。

すると以下のように「申し訳ありません。私はあなたを待っていました」という日本語が出てきました。

残念ですが、これは誤訳なので、あんまり良い例じゃありませんでした。

Weblio翻訳ツールの力も借りてみます。

 

こちらでは訳文も例文も、いくつかオプションが出てきました。

先ほどは、「お待たせしました」の英訳として出てきたSorry I made you waitという言い方ですが、逆方向で翻訳にかけてみると、「申し訳なさそう」な感じのニュアンスなのだな。ということがわかります。

自分のの言いたい「お待たせしました」がこんな雰囲気だったら、ここでゴール。

もう少し調べたい人は、自分の好きなツールで、この(2)と(3)の過程を繰り返してみましょう。

3) いろいろ言い換えてみる

同じような意味でも、こまごまニュアンスを変えたい場合もありますよね。

ということで、上記の例「お待たせしました」を例に、色んな言い方で入力してみました。

大変お待たせいたしました Sorry to keep you waiting

大変がつくと、Sorry、申し訳なさそうな感じだと認識しているのでしょうか?

お待たせいたしました Thank you for waiting

個人的には、待たせたことを謝るより、「待ってくれてありがとう」と言うスタイルが好きなので、この訳推しです。

お待たせ Thank you for waiting

カジュアルなのも、ありがとう系に分類されていました。

待たせたな I kept you waiting 

感謝も詫びもなく、ただ、待たせた事実を述べている感じ。

ちょっと、この訳は、どうかな…西部劇の決闘シーンなどで確認したほうが良い気がします。

おまた Crying 

ん?
何でこうなったかわかりませんけど、「お・ま・た!」という昭和っぽい口語はGoogle翻訳には認識してもらえないことがよくわかりました。

 

Google 翻訳は、結構ばらつきがあるので、翻訳精度に貢献するには、正しいと思われる訳を提案して送信もできます。なので、この記事が公開された時に、上記と同じ言葉を入力しても、訳が変わっている可能性大です。
無料で公開してくれているものだから、使う側も貢献できると循環するよね。
私もずっこけながら改善案送ってみました。

まとめ

これくらいの分量を、外注するほどじゃないし、すぐ知りたい!そんな皆さんは是非自動翻訳ツールを使ってみてください。

今日のまとめはこんなかんじ。

  • 出先などで簡単な会話の翻訳や、単語レベルの翻訳はスマホの Google 翻訳アプリがおすすめ!
  • 文章レベルなどの翻訳をPCでやるならWeblio翻訳アプリ
  • 翻訳にかけたら、必ず逆方向でも翻訳を見てみる。

 

自分でいちいちニュアンスを考えるのが面倒だ。結構な分量なので人に頼んでしまいたい。という場合は是非ご相談ください!

うわべだけの言葉通りの翻訳ではなく、産業翻訳ではお客様の本当に言わんとする文章を、丁寧に事前に質問してから翻訳に入りますので、見た目は違っても芯の部分は、伝えたいことが伝わるような意訳を率先して行っています。

お問い合わせはこちらから↓
http://isitwhatenglish.com/translation/

では、健やかで素敵な夏をお過ごしください!

石渡

 

 

Vulnerability 傷つきやすさはコンピューターには致命的でも人間らしい素敵な要素

こんにちは。石渡です。

久々に、ブログを書く余裕が出てきました!わーい!

6月位までずっと翻訳の納品の嵐でしたが、7月はこれからの準備を色々始めていて楽しいです。

そんなわけで、ずっと書きたかった話を今日は一つ。

英語の勉強と言うか、最近わたしが大切にしている言葉を紹介したいと思います。

どうぞお付き合いください!

vulnerability の持つ意味

さて皆さん、 vulnerability (カタカナだとヴァルネラビリティー)という単語を聞いたことはありますか?

IT 関係だと、ソフトウェアやコンピューターなどのセキュリティについて語る際に、外部からの攻撃に耐えうる能力に欠陥がある状態であることを脆弱性があるというような表現を使います。セキュリティソフトウェアの広告などで耳にすることがあるかもしれません。

その脆弱性という言葉こそ、まさに vulnerability の和訳なのです。

ただし、通信系でしか使わない英単語かというと、そうとも限りません。

vulnerability の形容詞である vulnerable の持つ意味は、以下のようなものがあります。(出典 : weblio )

  • 傷つきやすい
  • 隙だらけ
  • 攻撃されやすい
  • 弱みのある

わたしたち人間にももちろん使うことのできる単語です。でも、いつでもネガティブな意味で使われるかと言うとそうではないようです。

クィア・アイから学ぶこと

去年から、さぼる時用に英語表現の勉強の名の元に、Netflix で映画や動画をなるべく沢山見るように心がけているのですが、最近であった素晴らしいショーがあります。

知人が Twitter で賞賛していたクィア・アイ(Netflix:  https://www.netflix.com/title/80160037)というのですが、あまりに魅力的なので、シーズン1.2 を全部制覇してしまいました。

どんな話かと言うと、ファブ5と呼ばれる五人のゲイ男性が、各回ごとに容姿や住まいが野暮ったい男性達を外見から自宅まで大改造するリアリティショーです。

自分にいまいち自信を持つことができないで暮らしていた人が、自分の住まう場所や服装、自分の身だしなみをきちんとケアしてもらって変わっていく中で、きらきら輝いてく様子が、みんな嫌味がなくて、本当に美しいなとわたしは思いましたし、見ていて沢山の勇気をもらいました。

Netflix の回しモノではないけれど(むしろ回しモノになりたいくらい!)、是非 Netflix にサインアップして見て欲しいです。

そんなクィア・アイの中で繰り返し語られていたのが

It is okay to be vulnerable .
(傷つきやすい自分でもいいんだ)

Your vulnerability is what makes you beautiful.
(自分のその傷つきやすい部分が、あなたの美しい部分なのだから。)

と言うようなメッセージです。(vulnerable以外の言い回しは正確な引用ではないし日本語字幕は見ていないので石渡が勝手に訳しています。是非皆さん全シーズン見て確認してください。)

 

それぞれの回の出演者ごとにもちろん環境は違うのだけど、自分の心をうまく開けないでいたり、これまで自分が変身することを自分に許可を与えられないでいた彼らに、こうした言葉がかけられていて、私は本当に心から勇気をもらいました。

vulenerable は、ありのままをさらけ出すと言うしんどい行為の先にある美しさ

「ありのままの君でいいよ。」

なんて言葉をよく聞きますけど、これって本当は、無茶苦茶しんどいんじゃないか。そんな風に思うのです。

だって、最初っから全開で自分を出せている人なんて、ものすごい少数だと思うのです。

本人が「これが私」って公の場で言うセリフほど、当てにならない本人像だったりする。

もしかしたら、「その私」は、こういう風に見せたい自分なのかもしれない。

まわりの目を気にして言ってるのかもしれない。

鎧を背負った状態がデフォルトになっているのに気づいてないことだってあるし。

 

誰かに焼き餅焼いたり、腹を立てたり、仕事うまくいかなくてしょげたり、ホントは変わりたくて誰かに憧れているのに、他人の目が気になって動けなかったり。一見するとネガティブな感情を持つ自分をつい認めたくなくて蓋をしてしまったりね。

でも。

そういう色んなぐるぐるする感情も全部認めて、その後で、「(他人と違うかも知れないし、どう言われるかはドキドキするけど)わたしはこう生きたい!」

そうやって振り切れた後の「これが私」宣言こそが、

殻を飛び出した生まれたてのセミみたいに柔らかいままのハートこそが

vulnerable なんじゃないかと思うんです。

 

個人でお仕事をもらう中、個人の考えを発信する事をときどき躊躇してしまうのですが、私は vulnerable な部分を見せられる強さを持てる人間であろうと思いました。その先で、志を共にする人に出会いたいし、そう言う人の勉強を手伝ったり仕事を手伝えたら、わたしは本当に嬉しい。

 

そんなわけで、またこつこつブログを書いていきたいなと思いますので、たまに覗きに来ていただければ嬉しいです。

信じられないくらい暑い毎日ですが、皆さんが健やかな夏を過ごせますように。

石渡

 

追伸
文字ライトを雑貨屋で買ったので、ブログの写真素材撮れるな!と今にやにやしています。

E テレ「世界へ発信!英語術」にてスピルバーグ監督インタビュー字幕を制作しました。

こんにちは。こんばんは。石渡です。

今日は夏至の夜ですね。梅雨の合間の夕焼けが美しくて、ああもうこれで夏なんだ、と静かにわくわくしました。

夏至の今日を超えると、また日照時間は冬至にむけて少しずつ短くなっていく、節目の日ですが。西暦のカレンダーでも、もうじきちょうど上半期も終わるところですね。

ありがたいことに、いろんな翻訳をたくさんいただいて、とにかく駆け抜けたのが今年の上半期でした。

英訳では、スニーカーの販促雑誌の全英訳やら、アートの展示物の英訳など、本当に自分が役に立てる分野のお仕事をいただきました。

和訳では、IT関係のローカライゼーション(日本市場に英文で説明された商品やウェブサイトを翻訳とともに日本市場にフィットさせる作業のことを指します)もかなり積極的に関われせていただいたほか、掲題の字幕も初めて挑戦しました。

この Eテレさんの字幕のお話は、急なお誘いだったのですが、どうしてもやりたい!やらせて!と逆に頼み込んで、久々に深夜までPCと向き合う数日間を過ごしました(普段は七時間睡眠で、がっと集中するため一日六時間くらいしか作業しません。)

子供の頃、ETを見て大号泣してたわたしは、まさか大人になって、その映画監督のインタビューの字幕をつけることになるとは思っていませんでした。

ありきたりの言葉ですが、人生って面白いなあとつくづく思います。

翻訳の仕事に関しては、本当にいつも誘われるまま気づくと色んな事に挑戦させてもらっているので、こうなったらいっそ、とことん誘われるまま流されてみよう、と思う次第です。どんな泳法でも泳ぎつづける持久力だけは常に鍛えつつ。

その後どんなところに流れ着くか、ずっとずっと後になって知れればもうそれでいいかな。自分で自分の流れをコントロールしようとするよりも、何かずっと楽しいことかもな、なんて思っています。

なのでこれからも、人生をかけた遊びみたいにくそ真面目に仕事をしたいです。

のんびり屋のわたしですが、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

石渡悠起子

字幕いろいろ

こんにちは。石渡です。

No news is good news. (便りが無いのは良い知らせ)

とはよく言ったもので、今年に入ってからずっと翻訳の仕事が忙しくて幸せです。

ご依頼下さる皆様、紹介して下さる皆様のおかげです。ありがとうございます。

まだまだいけます!笑

 

さて、今月は不思議なタイミングで字幕を二つ翻訳しました。

どちらも Iron Giant が関わっていて、なんだかタイミングというのは面白いなと思いました。

知人が作った二次創作なのですが、Iron Giantも劇中登場する映画 Ready Player One 公開の影響か、この動画の公開から一ヶ月と一週間 の間で試聴回数6万回を越えています。
元の映画を観てからだと、さらにぐっと来ると思うので、良かったらGW中にでも是非ご覧下さい。わたしは号泣しました。

本家アイアン・ジャイアントの映画(TSUTAYAさんで借りれます)
http://store-tsutaya.tsite.jp/item/rental_dvd/161410040.html

 

もうひとつは地上波です!
4/30放映予定ですが、番組の予告編が公開されたらお知らせします。

今回字幕という自分にとってはまだ経験の少ない分野をやってみて思ったこと。

字幕は流れる場面と、時間という制約がある中で文字が映像の邪魔しないように意訳したり、文字削ったり、ものすごい色んなことが裏で起きてるんだなーと。

あ、わたしこういうの考えるの大好き!って思いました。

萌える・燃える作業でした!

忙しそうにしてますが、半分はポーズみたいなとこあります。
にやにや楽しくやってますので、ご依頼いつでもお待ちしております。

ご依頼はこちらのページからどうぞ!

翻訳

石渡

英文チェック おすすめ無料アプリ

皆さんこんにちは。
ただいま絶賛引きこもり中の石渡です。
二月末に納品をして、確定申告が終わったら、きっと春が来る気がしています!
さて。今現在、大量の日英翻訳に取り組んでいるのですが、
どうしても自分の書いた英文を第三者目線で見て欲しい時があります。
書いた本人ももちろん見直しますが、第三者のフレッシュな目線で確認することで更に翻訳物の精度をあげたり、より良い訳を追求します。
さらに予算があるプロジェクトの場合は、ネイティブの英語話者に校正を頼みます。
これを翻訳業界ではよくネイティブ・チェッカーとかネイティブ・チェックと呼びます。
でも、往々にしてそんなネイティブ・チェックや、校正者確保まで予算取れない。
もしくは、英語力を求められる職場にはいったばかりに、翻訳すら自分でやらなければいけない!
そんな現場もあると思います。
または、ハッシュタグとか、SNSのさくっとした投稿を簡単に英語で発信したいから、翻訳を依頼するほどでない。
そんな時もありますね。
そんなとき、味方になってくれるもの。
Mirco Soft Wordにも英文校正機能がついていますが、ワードが標準装備されていないmacやスマホ・タブレットでがしがし文章をアップしたい。
そんなときはこれ。
Grammarly
(ちなみにわたしは、誰からも一銭ももらってません。お金もらって宣伝できるくらい有名になったとしたら、ちゃんと言いますね。このサイトは自分の紹介が第一の目的なので、そこはぶれずにやっていきます。)
MacではブラウザのChromeの拡張機能をインストールすると、ブラウザ上で何か英語を書いた際に校正してくれます。文書を書くときは、 Grammerlyにログインして、そこで文書ファイルを作成すると、英文校正しながら英文作成もできます。
そして、スマホ用のアプリをダウンロードして入力キーボードを追加すると
ハッシュタグとかの英語スペル間違いを直してくれますので、
英語のハッシュタグをつけて投稿を色んな人に届けたいんだけどスペルに自信ないひと、ぜひいれてみてください。
それではまた!
石渡悠起子

3月上旬まで新規体験レッスン募集をお休みします。

皆さんこんにちは。

最近、ブログを全く更新できておらずすいません。

現在翻訳の仕事などを沢山いただいており、新規の体験レッスンにつきましては三月上旬まで、お休みさせていただきます。

現在通っている皆さんの授業準備に注力し、お客様の求める翻訳を提供できるよう、しっかり心身を調えてペースを作りたいと思いますので、どうかご理解ご協力いただければ幸いです。

春頃には、今色々携わっている翻訳プロジェクトの中に皆さんにも公開できるものもありそうなので、是非楽しみにしていていただけたら嬉しいです。

そして、こんな風にタイミングによっては、レッスンがなかなか難しい時期もあるので、体験レッスンや、本レッスンのお申し込みは、枠の空いてるときに、ぜひえい!と飛び込んでくださいね。
タイミングって、星回りや月の満ち欠けよりも、きっと気になったときがベストタイミングです。きっと。

ではでは、どうぞ皆さんどうぞ暖かくして、健やかに春までの時間を過ごしてくださいませ。

Is it what? English

石渡悠起子

レッスンカレンダーを一般公開しました。

みなさんこんにちは。

石渡です。

しばらく迷っていましたが、実験的にレッスン可能なスケジュールをGoogle カレンダーで公開してみました。それぞれの英語のレッスンページにもリンクがありますが、今日の記事にも貼っておきます。

翻訳の仕事に集中できる曜日を設けていて、Booked 予約不可と表示してるので、

すんごく忙しそう!

ですが、そんなことはありません。

1日5時間くらいの作業をこつこつやってるだけなのですが、ペースを作って、春までにこつこつやりたい翻訳プロジェクトもあるので、できればこのペースでしばらくやらせてください。

出張や旅行が多い方で、予約不可とさせてもらってる曜日でも、どうしても来たいと思ってくださる場合はぜひ聞いてくださいね。
たまーーーに、どうにかなることもありますので。

今通ってくださっている生徒さんは、引き続き月末レッスン時に口頭で調整していきましょう。

もし忙しい場合は、メールで月の半ばに先に調整の連絡くださっても大丈夫です。

そんなわけで、翻訳とレッスン、バランスを取りつつ、
どちらの仕事も来年も励みたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

石渡

 

 

 

 

《おすすめ英語教材その1》絵で見てパッと言う英会話 海外旅行編

こんにちは。石渡です。

英会話レッスンは、本当に個々のニーズにあわせたものを組み立てています。
文法にしても英会話にしても、なるべく、各生徒さんが英語を必要とする状況(例 出張時の接待や会議にまつわるビジネス英語、観光、外国人の友達との付き合い など)に役立つ、必要な情報を時間を有効に使って最大限に渡したいな、と思います。

現在、旅行で使える英会話を学びたい人と一緒に、実際の旅行で困ったシチュエーションをおたずねしながら、ロールプレイをしながらレッスンをしていますが、こちらの生徒さんのレッスンは、同時にリスニングの力もご自身のペースで強化できるような本を補足教材で取り入れることにしました。
それがこちらです。

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 海外旅行編 
著者 Nobu Yamada
イラスト Kaijo
出版社 学研プラス
初版 2011年
http://hon.gakken.jp/book/1130323300#

こちらの本の素晴らしいところは、絵が自分目線で映像を見たときのような視点で描かれて居るので、フレーズを丸暗記でなくて、その文のイメージを実際に頭に浮かべながら言う練習ができるところです。

あと、旅行用の本ですが、英語のフレーズが本当に自然で好ましいです。
著者の山田さんはニュージャージー州出身のネイティブだからでしょう。
気取った小難しい単語は全然なく、実践でさっと通じるシンプルなものばかりです。

音声CDもついてるからリスニングトレーニングにも使えます。

 

一つ、この本の新しい版 (を出すことがあれば) にリクエストをするならば、
今やCDプレイヤー持っている人が減っているから、
音声のダウンロードかストリーミング再生を出来るよう選択肢をつけて欲しい!

Mac にすら CD 取り込むデバイスがない時代だから、いちいち外付け CD ドライブをいれて、って取り込んでスマホの iTunes に落とすって結構めんどいんです…
そんな軟弱な事を!って怒られるかもだけど、ただでさえ(もしかしたら何度目かの)一念発起をして語学学習にとりかかる人の心理的なハードルって想像すると、なくても良いハードルはなくても良いのではないかな、と個人的には思うので。

ちなみに中学生の受験問題用のリスニング CD は MP3 のストリーミング再生用URLがついてたりもする教材が出てるので、やはり若いユーザー向けの教材はもうCD を持ってない環境を想定してるのかもしれないですね。

でも、この本はほんと、CDがんばって自分のデバイスに取り込んでも練習する価値あると思います。
興味湧いたら書店でまずは中を見てみてね。一般的な会話のもあるので。自分の興味にあわせてどうぞ!

何にしても、あらためて英語を教えるようになった今思うのは、近年の英語学習の本て良著だらけだなあということ。

授業で本を使うときは、生徒さんにも実費購入してもらい、わたしも自分の準備用に一冊買います。
こうした本代はいただいた授業料から出ているので、実際の利益は減りますが、既にある知恵やスキルをお借りして、個々のニーズに合わせた授業を組めればいいなあと思います。

このシリーズはまた書きたいと思います〜!

 

ではでは、皆さん良き週末を。

石渡

 

 

11月のご依頼状況につきまして

こんにちは。石渡です。

11月はおかげさまで、レッスンと、翻訳などのご依頼を多数いただいております。

体験レッスンのお問い合わせや、翻訳のご新規のご依頼は、12月以降での余裕をもったスケジュールでお問い合わせいただければ大変助かります。

残念ながら、今月お断りせざるを得ないご依頼も出てしまいました。

でも、今月の頭にやはり詰め込みすぎて、ちょっと体調をくずしかけたりもしました。
事務所でないので、やはり自分で全部やらなきゃいけない事がまだ多いのがもどかしいです。
この勢いがありがたく続くようなら、来年は経理は人に投げようと思います。
自分の仕事に専念したいですね。

とにかく今は、目の前に既にあるご依頼を、納期しっかり守って、きっちりお客様の役に立てるように丁寧に作業したいと思いますので、ご理解いただければ嬉しいです。

 

 

今週は、ちょっと固い翻訳物から、レッスンまで色々やっています。

写真は、今きてるご依頼に参考資料になりそうな昔アメリカで買った本です。
翻訳のおもろい所は、どんな知識がどこのご依頼で活きてくるかまったくわからないところ。

今はGitHubの使い方を必死こいて覚えています。
去年までIT企業の技術的な内容なものを訳すことが多かったので、今更
「レポジトリってなーんだーそういうことかぁ」って消化し直しています。
訳して何となくイメージできてたものが、また自分の中で血肉となる時は本当に楽しいです。

それに、お客様の在り方を、じっと観察して、こういうスタイルですか?
こういう風な言い回しってあなたや御社の性格に近いですか?ってすりあわせる作業に、毎度人の役に立てる喜びを味わっています。
自分も人前に立つ仕事もしていますが、我ながらわたしって結構サポート役に向いているな、ってこういう瞬間に毎度思うのです。

自分で訳す場合のレビューも、
時間もったいないから、訳して欲しいときも、
自分で自分の言葉で伝えるための訓練の足場を組みたいときも、

ぜひ、私で役に立てることあればいつでも問い合わせくださいね。
本当に嬉しく思います。

ではでは、皆さん、どうぞあったかくして元気ですごしてくださいませ。
今日はグーグー寝て、あすの作業効率をあげまーす!

 

石渡

exciting? excited? わくわくするの?させちゃうの?

みなさんこんにちは。石渡です。

前回 the がいるとき・いらんときの記事を書くと言ってお別れしましたが

今日はどうしても書きたいことあり、違うトピックです。

今までの生徒さんでも皆さん結構ここを引っかかる人が多いので、
色んな人に役立つかな、と思いました。

そんな今日のお題はこちらです!

I am exciting は、挑発?

 

エキサイティング!というわくわくする事を意味するカタカナ語はとても馴染みがあると思うのですが、

(自分が) わくわくしている!ということを伝えたいとき、なんというでしょう?

 

A) I am excited! 

B) I am exciting!

 

正解は

I am excited! 

 

受動態の形で伝えます。

じゃあ、I am exciting! はどんな意味になるのでしょう?

それはこんな感じに聞こえています….

 

 

 

I am exciting!
わたし わくわくさせちゃうわよ!

 

自分がわくわくしているのを伝えようとしたら、うっかり人をどっきりさせてしまいかねないのです。

 

 

 

 

じゃあ、どうやって使い分けるのを考えたらいいのでしょう?

 

他者がひきがねになって起きる感情・状態には動詞が隠れている

たとえば、以下の三つの文を見てみましょう。

This movie is boring.
この映画はとてもつまらない。

My new job is really exciting.
わたしの新しい仕事って本当にエキサイティングなの。

This article from New York Times was interesting. 
NYタイムズのこの記事、興味深かったよ。

これらの文には実は、

bore 退屈させる
excite わくわくさせる
interest 興味を引く

 

こんな意味の動詞が隠れています。

 

これらの動詞の持つニュアンスこそが、日本語とは違うところ。

「この映画は退屈」って日本語で言う場合、

映画=退屈

と事実として伝えるニュアンスが強いと思います。

 

けれど英語では、

delight 喜ばせる
excite わくわくさせる
thrill どきどきさせる
relieve 安心させる
interest 興味を引く
bore 退屈させる
fascinate 熱狂させる

 


と言う
ような感情や心の状態は、外部の要因によってこの状態が引き起こされるものとして考えます。

なので、こうした感情を自分が感じてるときは、外部の要因によってその感情を味わっているなら受動態を使います。
受動態忘れちゃった人、下の過去記事読んでみてね。

英語翻訳を自分でやるときのこつ 主語の見極め/受動態

 

 

ここで、先ほどの動詞たちを使って例文を見ていきましょう。
自然な日本語の意味と、括弧内にその感情をもたらす要因を書きました。

自然な日本語の言い回しの「〜しています」を直訳しようとして引っ張られずに、外的要因があるかないかを見極めて、正しい文章を組み立てる練習をしたいと思います!

例文

I am delighted  to meet you.
あなたに会えてわたし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えたこと)

My girlfriend is excited about this new career opportunity.
わたしの彼女はこの新しい仕事の機会にわくわくしています。
(要因:新しい仕事の機会)

I am so thrilled to get to see you next weekend.
週末あなたに会えるの、すごくどきどきし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えること)

 

We are so relieved to hear that you didn’t get hurt in the accident.
事故であなたが怪我しなかったの聞いて、私たちすごく安心したよ。
(要因:あなたが無事と聞いたこと)

I am interested in you, to be honest with you.
正直に言うと、君に興味があるんだ。
(要因:君)

I am so bored.
わたしは退屈しています。
(要因:言葉に含まれてないけど、発話されたそのときの状況そのもの)

He is fascinated by Otaku culture.
彼はオタク文化に熱中しています。
(要因:オタク文化)

 

 

逆に、何かについて、こうした感情にさせてくれるんだっていう風に説明したい時は 能動態の動詞か、ingの形の形容詞として説明します。

Your smile delights me.
きみの笑顔が僕を嬉しい気持ちにするんだ。

My upcoming trip will be exciting.
わたしの次の旅は、わくわくするものになるはず。

This short story is thrilling.
この短編小説ははらはらさせるね。

This food is interesting
この料理、面白いね。
(注 この台詞、やんわり変な味って言われてることが 7 割がた。味見してね!)

This blog is boring.
このブログってつまらないね。

Google earth fascinates me.
Google アースに、僕は熱中させられてしまう。

 

 

いかがでしょうか?

exciting と excited の違いがおわかりいただけていたら嬉しいです。
日本語でシンプルに「わくわくする」という場合も、自分がわくわくを感じる側なのか、与える側なのかで考えてみましょう。
どっちを使えば良いか自然と分かってくるはずです。

こんなふうに丸暗記でなくて、考え方自体を理解して覚えれば、これ以外でも似たような表現が出てきても、同じように外的要因のあるなしで、受動態か能動態か判断できると思います!

是非、どんどん英語に触れていってください!

 

 

そんなわけで今日のところはこのへんで。

石渡