《おすすめ英語教材その1》絵で見てパッと言う英会話 海外旅行編

こんにちは。石渡です。

英会話レッスンは、本当に個々のニーズにあわせたものを組み立てています。
文法にしても英会話にしても、なるべく、各生徒さんが英語を必要とする状況(例 出張時の接待や会議にまつわるビジネス英語、観光、外国人の友達との付き合い など)に役立つ、必要な情報を時間を有効に使って最大限に渡したいな、と思います。

現在、旅行で使える英会話を学びたい人と一緒に、実際の旅行で困ったシチュエーションをおたずねしながら、ロールプレイをしながらレッスンをしていますが、こちらの生徒さんのレッスンは、同時にリスニングの力もご自身のペースで強化できるような本を補足教材で取り入れることにしました。
それがこちらです。

絵で見てパッと言う英会話トレーニング 海外旅行編 
著者 Nobu Yamada
イラスト Kaijo
出版社 学研プラス
初版 2011年
http://hon.gakken.jp/book/1130323300#

こちらの本の素晴らしいところは、絵が自分目線で映像を見たときのような視点で描かれて居るので、フレーズを丸暗記でなくて、その文のイメージを実際に頭に浮かべながら言う練習ができるところです。

あと、旅行用の本ですが、英語のフレーズが本当に自然で好ましいです。
著者の山田さんはニュージャージー州出身のネイティブだからでしょう。
気取った小難しい単語は全然なく、実践でさっと通じるシンプルなものばかりです。

音声CDもついてるからリスニングトレーニングにも使えます。

 

一つ、この本の新しい版 (を出すことがあれば) にリクエストをするならば、
今やCDプレイヤー持っている人が減っているから、
音声のダウンロードかストリーミング再生を出来るよう選択肢をつけて欲しい!

Mac にすら CD 取り込むデバイスがない時代だから、いちいち外付け CD ドライブをいれて、って取り込んでスマホの iTunes に落とすって結構めんどいんです…
そんな軟弱な事を!って怒られるかもだけど、ただでさえ(もしかしたら何度目かの)一念発起をして語学学習にとりかかる人の心理的なハードルって想像すると、なくても良いハードルはなくても良いのではないかな、と個人的には思うので。

ちなみに中学生の受験問題用のリスニング CD は MP3 のストリーミング再生用URLがついてたりもする教材が出てるので、やはり若いユーザー向けの教材はもうCD を持ってない環境を想定してるのかもしれないですね。

でも、この本はほんと、CDがんばって自分のデバイスに取り込んでも練習する価値あると思います。
興味湧いたら書店でまずは中を見てみてね。一般的な会話のもあるので。自分の興味にあわせてどうぞ!

何にしても、あらためて英語を教えるようになった今思うのは、近年の英語学習の本て良著だらけだなあということ。

授業で本を使うときは、生徒さんにも実費購入してもらい、わたしも自分の準備用に一冊買います。
こうした本代はいただいた授業料から出ているので、実際の利益は減りますが、既にある知恵やスキルをお借りして、個々のニーズに合わせた授業を組めればいいなあと思います。

このシリーズはまた書きたいと思います〜!

 

ではでは、皆さん良き週末を。

石渡

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA