Vulnerability 傷つきやすさはコンピューターには致命的でも人間らしい素敵な要素

こんにちは。石渡です。

久々に、ブログを書く余裕が出てきました!わーい!

6月位までずっと翻訳の納品の嵐でしたが、7月はこれからの準備を色々始めていて楽しいです。

そんなわけで、ずっと書きたかった話を今日は一つ。

英語の勉強と言うか、最近わたしが大切にしている言葉を紹介したいと思います。

どうぞお付き合いください!

vulnerability の持つ意味

さて皆さん、 vulnerability (カタカナだとヴァルネラビリティー)という単語を聞いたことはありますか?

IT 関係だと、ソフトウェアやコンピューターなどのセキュリティについて語る際に、外部からの攻撃に耐えうる能力に欠陥がある状態であることを脆弱性があるというような表現を使います。セキュリティソフトウェアの広告などで耳にすることがあるかもしれません。

その脆弱性という言葉こそ、まさに vulnerability の和訳なのです。

ただし、通信系でしか使わない英単語かというと、そうとも限りません。

vulnerability の形容詞である vulnerable の持つ意味は、以下のようなものがあります。(出典 : weblio )

  • 傷つきやすい
  • 隙だらけ
  • 攻撃されやすい
  • 弱みのある

わたしたち人間にももちろん使うことのできる単語です。でも、いつでもネガティブな意味で使われるかと言うとそうではないようです。

クィア・アイから学ぶこと

去年から、さぼる時用に英語表現の勉強の名の元に、Netflix で映画や動画をなるべく沢山見るように心がけているのですが、最近であった素晴らしいショーがあります。

知人が Twitter で賞賛していたクィア・アイ(Netflix:  https://www.netflix.com/title/80160037)というのですが、あまりに魅力的なので、シーズン1.2 を全部制覇してしまいました。

どんな話かと言うと、ファブ5と呼ばれる五人のゲイ男性が、各回ごとに容姿や住まいが野暮ったい男性達を外見から自宅まで大改造するリアリティショーです。

自分にいまいち自信を持つことができないで暮らしていた人が、自分の住まう場所や服装、自分の身だしなみをきちんとケアしてもらって変わっていく中で、きらきら輝いてく様子が、みんな嫌味がなくて、本当に美しいなとわたしは思いましたし、見ていて沢山の勇気をもらいました。

Netflix の回しモノではないけれど(むしろ回しモノになりたいくらい!)、是非 Netflix にサインアップして見て欲しいです。

そんなクィア・アイの中で繰り返し語られていたのが

It is okay to be vulnerable .
(傷つきやすい自分でもいいんだ)

Your vulnerability is what makes you beautiful.
(自分のその傷つきやすい部分が、あなたの美しい部分なのだから。)

と言うようなメッセージです。(vulnerable以外の言い回しは正確な引用ではないし日本語字幕は見ていないので石渡が勝手に訳しています。是非皆さん全シーズン見て確認してください。)

 

それぞれの回の出演者ごとにもちろん環境は違うのだけど、自分の心をうまく開けないでいたり、これまで自分が変身することを自分に許可を与えられないでいた彼らに、こうした言葉がかけられていて、私は本当に心から勇気をもらいました。

vulenerable は、ありのままをさらけ出すと言うしんどい行為の先にある美しさ

「ありのままの君でいいよ。」

なんて言葉をよく聞きますけど、これって本当は、無茶苦茶しんどいんじゃないか。そんな風に思うのです。

だって、最初っから全開で自分を出せている人なんて、ものすごい少数だと思うのです。

本人が「これが私」って公の場で言うセリフほど、当てにならない本人像だったりする。

もしかしたら、「その私」は、こういう風に見せたい自分なのかもしれない。

まわりの目を気にして言ってるのかもしれない。

鎧を背負った状態がデフォルトになっているのに気づいてないことだってあるし。

 

誰かに焼き餅焼いたり、腹を立てたり、仕事うまくいかなくてしょげたり、ホントは変わりたくて誰かに憧れているのに、他人の目が気になって動けなかったり。一見するとネガティブな感情を持つ自分をつい認めたくなくて蓋をしてしまったりね。

でも。

そういう色んなぐるぐるする感情も全部認めて、その後で、「(他人と違うかも知れないし、どう言われるかはドキドキするけど)わたしはこう生きたい!」

そうやって振り切れた後の「これが私」宣言こそが、

殻を飛び出した生まれたてのセミみたいに柔らかいままのハートこそが

vulnerable なんじゃないかと思うんです。

 

個人でお仕事をもらう中、個人の考えを発信する事をときどき躊躇してしまうのですが、私は vulnerable な部分を見せられる強さを持てる人間であろうと思いました。その先で、志を共にする人に出会いたいし、そう言う人の勉強を手伝ったり仕事を手伝えたら、わたしは本当に嬉しい。

 

そんなわけで、またこつこつブログを書いていきたいなと思いますので、たまに覗きに来ていただければ嬉しいです。

信じられないくらい暑い毎日ですが、皆さんが健やかな夏を過ごせますように。

石渡

 

追伸
文字ライトを雑貨屋で買ったので、ブログの写真素材撮れるな!と今にやにやしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA