三人称って三人いること? 人称について

こんにちは。石渡です。

前回は主語について書きました。
前々回の英語と日本語の違いも是非読んでみて下さい!
絵のクオリティは棒人間だけど、我ながらわかりやすく書いているなと思います☆

今日は「人称」について。

一人称 - 私
二人称 - あなた
三人称 ー 彼、彼女、人の名前

みたいな感じで教わったかと思います。
ここまではまだ良いとして。

一人称複数(「え、一人なの?複数なの?」)
とか
三人称単数(「え、三人いるんじゃないの?単数?」)

って言葉になってくると、どうでしょう?

この文法用語がイメージを邪魔してモヤモヤしてしまった人いるんではないでしょうか?

ここで、英文法の用語はやはり元が英語だったことを思い出しましょう。
昨日の主語も英語で考えるとイメージ沸きやすかったと思うのです。

英語で人称は以下のような言葉で呼ばれます。

一人称  First Person
二人称  Second Person
三人称  Third Person

一人称はわたしや、わたしたちなどの自分が含まれるもの
二人称はあなたや、あなたたちなどの会話の相手が含まれるもの

Thirdという言葉のニュアンスには、第三番目、第三者、という意味合いがあります。法律用語の第三者も Third Party と言います。
つまり、三人称というのは、会話に入れない物・会話に入ってない人・など、話しかけている相手以外の第三者のことを説明するときに使われる人称です。

そして、一人称は主語では I になったりときや、目的語では me になったりと、形は変わりますが、この目線的な考え方はいつも変わりません。
この記事では、とりあえず主語の形、目的語の形は忘れて、この目線の考え方をひもといていきたいと思います。

 

単数の一人称・二人称・三人称

上の絵をみてください。単数の人称について説明します。

皆さんはじぶんがツインテールの女の子だと思って下さいね。

彼女の目線で見ると、
自分は  First Person 一人称 I
めがね君は Second Person 二人称 You

となります。
女の子はネコを飼っていて、ネコはこの場にいても会話に加わりません。
「あのね、うちのネコね、…」 と説明するので、
ネコちゃんは
My Cat 三人称になります。一匹だから単数ね。

さらに、彼らの友達である、絵の右上のくるくるパーマちゃんはこの場にいないのですが、もし話題にのぼって
「パーマちゃんて最近かわいいよね」
なんて言うときも、パーマちゃんはやはり三人称になります。

三人称単数=会話にはいってない一人の人・ひとつのものです。

複数の場合

次は複数の人称の場合。
別の日に、ツインテールちゃんとめがねくん、パーマちゃんと七三くんの四人で遊んだとします。その場にはパーマちゃんのネコちゃんが二匹います。

ツインテールちゃんとめがねくんが言います。

「私たち、こないだ会った時さー、パーマちゃん、君の話をしたんだ」
そんなときはこう言います。
We talked about you the other day.

この、わたしたちが一人称の複数 We です。

そうして会話をしていて、ツインテールちゃんが言います。
「パーマちゃん、七三くん、あなたたちって最近どうしてた?」
そんなときはこんな風に聞きます。
How have you been?

このように、会話の相手が複数ですが、あなたたちとひとまとめに呼ぶ。
この、あなたたちが二人称の複数 You です。
二人称は複数単数ともにYouですが、アメリカ英語では口語でyou guys なんて友人には呼びかけたりします。
ビジネス文書では砕けているので避けた方が無難ですが、まあこの辺は英語でもわかりにくいから単数か複数の区別をしたがる傾向があるんだなー、位に思ってくださったら良いのではないでしょうか。

そして、パーマちゃんがここで言います。
「うちのネコちゃん達がさ、可愛くってめろめろなわけ」
My cats are so adorable and and I am totally in love with them.

ネコちゃん達はやはりその場にいますが、会話に入りません。
My cats は三人称の複数となります。

その場にいたって三人称?

ここで、もうすこし三人称の区別を掘り下げます。

たとえばこの絵のように、その場にこの四人がいるとして、
暴露話のように、パーマちゃんが七三くんの失敗談を話すとします。

「七三くん、こないだスーパーに行ったらさ、お財布もってなかったんだって〜!まじうけない?」

このとき、七三くんって会話にいるよね?ってことは二人称…?
なんて悩む方いませんか?

これはやはり三人称として語られます。
Shichisan-kun left his wallet at home when he went to a grocery store. Isn’t that funny?

会話がしばらく経ってから
パーマちゃんは、あくまでこの話をツインテールちゃんと眼鏡君にしているので、これは三人称です。
三人称は、話しかけている相手以外の第三者のことを説明するときに使われる人称です。
なので、会話の最中でも、視点によって、呼びかけ方が変わるのです。

そして最後に。

猫を愛する人皆さん(わたしもよ)、猫は世間話には参加できないけど、
猫好きの人達は、しばし人目もはばからず猫へ愛を伝えます。

そんな時は。

I love you, my kitty!
ねこちゃん、あなたのこと愛してるよ〜!

こんな風に二人称で話しかけてあげてくださいね。

今日はそんなところです。
にゃん。

 

主語ってなんだ?

こんにちは。石渡です。
一つ前の記事、日本語と英語の大きな違い
も読んで下さりありがとうございます。

日本に帰ってきて、個人的に英語を教えるようになった数年前から
このブログで書いているような事を授業で話していたんですが、
年代、職業関わらず、皆結構何が疑問なのか言葉にしづらい
もやもやするポイントが似てるなあと思っていました。
その辺りを紐解く手伝いをしていきたいです。

そして。
自分で既に英語を仕事で使わざるを得ない人。
いずれ海外で学んだり働きに出たくて勉強してる人。
ナンパしたい人。
文法用語を見ると気持ち悪くて跳び蹴りしたくなる人。

理由はなんであれ、英語を学ぶ色んな人の役立てれば嬉しいです。

今日は主語について書きます。

主語はずばりその文の主題、主役です。

主語でだめなら subject

主語は英語ではsubject(カタカナ読みでサブジェクト)と言います。
結構この言葉に耳慣れている人も多いでしょうか?

いっぺん subject の他の意味を色々挙げてみましょう。
主役、題材、テーマ、件名、議題、などなどがあります。

メーラーでも、件名は subject
会議の議題も subject
絵やなどの題材も subject
フーガの主題も subject

このように、そのトピックで一番言いたいことがsubject であることが多いです。

つまり、主語はその文で伝えたいことなのです!

主語、という言葉がどうしても生理的に馴染まない人、すっ飛ばして subject で考えた方が腑に落ちるなれば、subject でいきましょう。

教科書にずっと昔から載っている主語= S は実は subject の S です。
余談ですが、わたし個人の経験は、英語で主語= S とか記号が出てくるタイミングが一番苦手な数学とかの数式で文字式が出てくるタイミングとかぶってたせいか、もやもやしすぎて脂汗がでる位遠い存在に感じました。
意味がわからないものを丸暗記するの、辛くてしょうがなくても、
意味がわかれば怖くないでしょ?


主語になれる言葉


主語には、どんな言葉がなれるのでしょう?
ざっくりいうとモノ、ヒト、事象、地名、事柄など
です。
これらみんな、名詞や名詞節ということばのグループに入ります。
名詞の名は名前の名。名前=名詞、くらいおおざっぱの認識でも良いと思います。

モノはちょっと壮大なくくりですが、
ペン、うどんなどの物から、プラスチック、インク、小麦などの材質、ペン職人、うどん職人などの職業名もそうです。
石渡うどん製麺所とか、会社名もとかもここにいれましょう。

(今お昼どきで、うどんの例えばかりですいません。)

ヒトや地名は、そのまま。

事象って愛、友情、美、とかちょっと抽象的な概念。
概念の種類=概念の名前とも考えられます。

事柄は今は「〜すること」と日本語で言えるようなこと、くらいに思っておいてください。

日本語で語られない主語
日本語で主語を言いたくないとき

前回の記事でも書いたように、日本語は、全てを語らず、聞き手の理解にゆだねる傾向が強いです。
なので、主語を省略しても通じる場合が多いです。

ここらへんに、和文英訳を教科書から離れたときにつまずく人が多い理由があるのではないでしょうか?

教科書では、
わたしは高校生です。
あなたは英語を教えます。
わたしは皆が好きです。

という感じの日本語文があって英語にしろって書いてある。

でも、実際こんな風に話すひとあまりいません。

いや、確かに最後には英語を訳せば
I am a high school student.
You teach English.
I like everyone.
なのですが。

日本語って自然に話すときって文の前後があるから、

「山田花子です。高校生です。

とか
仕事を聞いたら
「へー。英語教えてるんですねー。

「皆だいすき!」

結構こんな感じで話しませんか?

一方。

「あの人、格好いいよね。」
「わたしのお母さんて料理上手なんだ。」
「男子たちうぜー」
(ごめん男子たち、わたしはだいすきだぜ)

みたいに、会話に参加してない人達について話すときは、主語をちゃんと言うこと多いです。

ここで言えるのは日本語ネイティブが一番明言したくない主語は、
会話の相手(あなた)と自分のこと(わたし)、なのではないでしょうか。

だから、ここを抑えておかないと

高校生です。
皆が大好きです。
英語を教えているんですね。

なんて言いたいとき、

High School Students.
Like everyone.
English teach?

みたいな感じになっちゃう。

でも、あなたがこれを初めて聞いたとき、
まず「誰が?」って思いませんか?

その「だれが」がとっても大事だから、文の始めに一番最初に言っちゃうのです!

それが主語です。

 

今日はこんなところで終わります。

☆そういえば、八月末までプロフィール翻訳をセールやってました。
正規の依頼を沢山いただき忘れてましたが、8/31まで駆け込み依頼可能です。ちゃっかり宣伝!☆