a と the で、どう使い分けるの?

こんにちは。

英文法の新しい記事を書くまで間があいてしまいました!

翻訳や校正はとっても楽しいから、どんどん続けます。
餅は餅屋に投げないと追いつかない内容やボリュームの依頼は、
是非まかせてください。

もう一方でブログや英語レッスンは、自分で学びたい人が英語をもう少し自由に使えるようになるなら、それもまた皆でハッピーになってていけるから、これもやっぱりとても役立てて嬉しいです。

さて。今日のお題にはいりたいと思います!
今日は記念すべき初の読者リクエストのお題です!うれしいぞ♡

A と the の違い について

a や the は日本語にない冠詞と呼ばれるものです。

20年位前 私が中学生のころには、教科書には a や an は名詞が単数のときにつくと書かれ、the は、「その」って訳されてました。
具体的なイメージが湧くように例をあげてみますね。

a はフレッシュな話題 the は暗黙の了解

すごく細かく言うと、a も the も色々な使い方がありますが、 会話で使い分けるときにまず

  • 初めてする話題に登場するモノ・ヒトはa
  • 会話の相手も自分も既に知っているモノ・ヒトはthe

ということを大前提に覚えていてください!
細かな用法も、これを踏まえているとぐっとわかりやすくなります。

下の絵を見て下さい。

Aのコマではおかっぱちゃんがこう言います。

“I met a guy at a bar on Friday.”(金曜にさ、バーで男の人に出会ったのよね。)

初めて口にする話題で、a guyと言う言い方からは、この男の人はおさげちゃんも知らない人なのだとわかります。
バーも、a barと言っているので、二人が共通で知っている店ではなさそうです。

おさげちゃんが

“Tell me about it.”(へー、その話聞かせて〜。)

と言うと、おかっぱちゃんが顛末をこんな風に話します。

“The guy  kept mansplaining to me.” (その人ったら、ずっとうんちくを語ってきたんだよねー!)

mansplainというのは man 男と explain説明 という動詞を掛け合わせた造語。女の人にうんちくを言う男性の行為をこんな造語の動詞を使います。
(日本もこういう男性、一定数いるけど、こうした言葉が生まれないところを見ると、日本の女性は寛容なのでしょう。)

話題に上ってすぐなので、ここで  The guy と言ったら、聞き手も「今言ったバーで会った人のことね」とわかるのです。

しかしこれには、おさげの友人も笑うしかない!という感じで

“That sucks.”(最悪ね!)

と言っています。


名前を出せない場合の a

おかっぱちゃんとおさげちゃんに再び登場してもらいます。

左の絵ではおかっぱちゃんが

“I’m in love with a man…”(ある男の人に恋しているの….)

とうっとり言っています。

おさげちゃんも“Who is it!?”(誰!?)と聞いています。

右のコマでは
“I broke up with the man I told you.” (あなたに話した男性とは別れたわ。)

と言っています。
おさげちゃんのリアクションは

“That was quick.” (はやいね。)

このときのように、名前を言わないけど、とある誰か、某所、などと言いたいときも a を使用出来ます。

 

個数・人数 の a

こちらは、I  have a pen.  (ペン一本持ってるよ。)

の時の a です。

彼氏欲しいなー!ととりあえず言ってしまうときも
I want a boyfriend.

とりあえずっぽい感じ や、個数がわかれば種類などは問わない感じがします。
これこれ!って特定のものじゃない感じです。

種類・職業の a

I am a student.(わたしは学生です。)

こんな風に、職業を言うときにもつけます。
実はこれが一番日本語にない感覚のような気がします。
a は意外と奥が深いのだ。

じゃあ the はいつ使おうか?

とにかく会話の相手と共通の認識があるもの。お互いが知っているもの。それが派生すると、こんなシチュエーションではthe だよ!となります。

1)家の中の家具や部屋

もしあなたが大豪邸に住んでいない限り、きっとダイニングテーブルや、キッチンは一家に一つ・一設備しかないでしょう。
なのでthe dining table, in the kitchen などとthe がつくことがほとんどなのです。

2) たった一つだけのもの

the sun 太陽
the moon 月
the earth 地球

こうした、誰もが太陽!と言う言葉を聞いて、同じものをイメージできるようなたった一つのものはtheがつきます。

3)自分の行動範囲の中の公園や駅などの場所

たとえば。
図書館
公園

パン屋
コンビニ

これも、自宅の家具などに通じますが、自分の生活圏内にだいたい一つ位しかないか、だいたいいつも使ってしまう店って特定される場合が多いと思います。同じ行動範囲にいる相手には、こうしたものはtheをつけて話すことが多いです。

 

 

 

何となく、感覚がつかめたでしょうか?

これを踏まえて、次回は a もthe もつかない場合について考えてみたいと思います!