exciting? excited? わくわくするの?させちゃうの?

みなさんこんにちは。石渡です。

前回 the がいるとき・いらんときの記事を書くと言ってお別れしましたが

今日はどうしても書きたいことあり、違うトピックです。

今までの生徒さんでも皆さん結構ここを引っかかる人が多いので、
色んな人に役立つかな、と思いました。

そんな今日のお題はこちらです!

I am exciting は、挑発?

 

エキサイティング!というわくわくする事を意味するカタカナ語はとても馴染みがあると思うのですが、

(自分が) わくわくしている!ということを伝えたいとき、なんというでしょう?

 

A) I am excited! 

B) I am exciting!

 

正解は

I am excited! 

 

受動態の形で伝えます。

じゃあ、I am exciting! はどんな意味になるのでしょう?

それはこんな感じに聞こえています….

 

 

 

I am exciting!
わたし わくわくさせちゃうわよ!

 

自分がわくわくしているのを伝えようとしたら、うっかり人をどっきりさせてしまいかねないのです。

 

 

 

 

じゃあ、どうやって使い分けるのを考えたらいいのでしょう?

 

他者がひきがねになって起きる感情・状態には動詞が隠れている

たとえば、以下の三つの文を見てみましょう。

This movie is boring.
この映画はとてもつまらない。

My new job is really exciting.
わたしの新しい仕事って本当にエキサイティングなの。

This article from New York Times was interesting. 
NYタイムズのこの記事、興味深かったよ。

これらの文には実は、

bore 退屈させる
excite わくわくさせる
interest 興味を引く

 

こんな意味の動詞が隠れています。

 

これらの動詞の持つニュアンスこそが、日本語とは違うところ。

「この映画は退屈」って日本語で言う場合、

映画=退屈

と事実として伝えるニュアンスが強いと思います。

 

けれど英語では、

delight 喜ばせる
excite わくわくさせる
thrill どきどきさせる
relieve 安心させる
interest 興味を引く
bore 退屈させる
fascinate 熱狂させる

 


と言う
ような感情や心の状態は、外部の要因によってこの状態が引き起こされるものとして考えます。

なので、こうした感情を自分が感じてるときは、外部の要因によってその感情を味わっているなら受動態を使います。
受動態忘れちゃった人、下の過去記事読んでみてね。

英語翻訳を自分でやるときのこつ 主語の見極め/受動態

 

 

ここで、先ほどの動詞たちを使って例文を見ていきましょう。
自然な日本語の意味と、括弧内にその感情をもたらす要因を書きました。

自然な日本語の言い回しの「〜しています」を直訳しようとして引っ張られずに、外的要因があるかないかを見極めて、正しい文章を組み立てる練習をしたいと思います!

例文

I am delighted  to meet you.
あなたに会えてわたし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えたこと)

My girlfriend is excited about this new career opportunity.
わたしの彼女はこの新しい仕事の機会にわくわくしています。
(要因:新しい仕事の機会)

I am so thrilled to get to see you next weekend.
週末あなたに会えるの、すごくどきどきし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えること)

 

We are so relieved to hear that you didn’t get hurt in the accident.
事故であなたが怪我しなかったの聞いて、私たちすごく安心したよ。
(要因:あなたが無事と聞いたこと)

I am interested in you, to be honest with you.
正直に言うと、君に興味があるんだ。
(要因:君)

I am so bored.
わたしは退屈しています。
(要因:言葉に含まれてないけど、発話されたそのときの状況そのもの)

He is fascinated by Otaku culture.
彼はオタク文化に熱中しています。
(要因:オタク文化)

 

 

逆に、何かについて、こうした感情にさせてくれるんだっていう風に説明したい時は 能動態の動詞か、ingの形の形容詞として説明します。

Your smile delights me.
きみの笑顔が僕を嬉しい気持ちにするんだ。

My upcoming trip will be exciting.
わたしの次の旅は、わくわくするものになるはず。

This short story is thrilling.
この短編小説ははらはらさせるね。

This food is interesting
この料理、面白いね。
(注 この台詞、やんわり変な味って言われてることが 7 割がた。味見してね!)

This blog is boring.
このブログってつまらないね。

Google earth fascinates me.
Google アースに、僕は熱中させられてしまう。

 

 

いかがでしょうか?

exciting と excited の違いがおわかりいただけていたら嬉しいです。
日本語でシンプルに「わくわくする」という場合も、自分がわくわくを感じる側なのか、与える側なのかで考えてみましょう。
どっちを使えば良いか自然と分かってくるはずです。

こんなふうに丸暗記でなくて、考え方自体を理解して覚えれば、これ以外でも似たような表現が出てきても、同じように外的要因のあるなしで、受動態か能動態か判断できると思います!

是非、どんどん英語に触れていってください!

 

 

そんなわけで今日のところはこのへんで。

石渡

 

アーティストステートメントの英訳をしました

こんばんは。

今週、NY在住のアーティストのRyoko Gotoさんに、
アーティストステートメントの英訳のご依頼いだたきました。

以下は Ryoko Gotoさんのサイト内に掲載されたアーティストステートメントです。
彼女のウェブサイトに日本語の原文と英訳されたものが掲載されているので、
是非読んでみてください。
https://www.ryokoryokoryoko.com/artist-statement/

 

上記のページは原文のボリュームがだいたい750文字で二日半で納品しました。
うんと苦手な方は、ずっとうんうん唸るより、
プロに投げてしまって、自分の得意なことに時間使うのも手ですよ。

ここはこう言いたいんじゃないかな…?と汲み取って、
翻訳の言い回しの提案をお客様にコメントするときがとってもわくわくします。
今回、とっても喜んでいただけて、すごく嬉しいです。

海外在住の方もPaypalなども受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

では!
英文法の記事も、一つリクエストをもらっていますので、週末中に一本アップしたいと思います!
やるぞー!

instagram プロフィール 英語作成します!



皆さんこんばんは。
今日は翻訳の話です。

最近、英語の仕事の事をまめにこのブログに綴っていますが、
そのおかげもあって、和訳の校正の仕事が来ました。
本当に、誰かのお役に立てるのはとても嬉しいです。

翻訳って言うけどさ、ようは
その言語でその言語らしい言い方で、伝えたいことをまるっと伝える

のがゴールだと思うのです。

だから、村上春樹さんの小説とかなら、やっぱり
春樹カラーをどれだけ残して英語文学としての訳ができるか、
とかが肝になるだろうし、
英語のコメディ映画を日本語に訳すときに
冗談をそのまま訳さずに、面白さのエッセンスをいかに残すか、
というのが大切なんですね。

少しでも、そのお手伝いをできたらこんなに嬉しいことはないです!

そんなわけで、今日はちょっと新しいアプローチのサービスのお知らせです。

instagram の英語プロフィール作成します!

昨日、短い一言自己紹介を訳したい!と相談をうけました。
文字数の限られるなかだと、言葉全てを翻訳というよりは、伝えたいことを残して、オーバーホールのように、組み替えて英語で伝える!という形がいいなぁ。
この位のボリューム感ってもしかして皆困ってるのかも?
しかも文字数制限あると縛りがあるから燃えるし萌える(当社比)…と思いました。

なので、とりあえずはこの投稿を見た方限定で、インスタプロフィール英文で考えます。


たとえば私のプロフィール。
今はがっつり日本語ですが、150文字だったらこんな感じのことかけます。

Singer Songwriter/Translator based in Yokohama, JP. An upcoming show on OCT 6,2017. For more info, plz go to my website.

これでスペースいれて、だいたい120文字。
たったこれだけの中に

日本の横浜在住のシンガーソングライター翻訳者。
次のショーは2017年10月6日。詳細はウェブサイト見てね。

という情報が全部入っています。
こうした短い文字数の中に、ぎゅっと詰めるコツがあるのです。
英語圏で長年住んでいる人は、新聞など読む中で自然に身につけるコツだと思うのだけど、今日本にいて、自分の売っているものや表現活動を色んな国の人に広めたい人の役にきっと立てると思うのだ。

お問い合わせ頂いた内容を、確認し方向性のすりあわせが双方で出来てから、だいたい48時間以内に納品します。

興味が湧いたら、是非お気軽にご連絡ください!

Instagramプロフィール 英文作成
☆最大 150文字(インスタに載る最大文字数)のプロフィールを英文作成します。

☆おまけ☆
あなたの投稿のジャンルに適したハッシュタグを、
これまでの投稿をきちんと拝見した上で考えて、お一つプレゼントします!
言葉がなくても伝えられる Instagram で、さらに英語圏の方にも届けるのには、やはり英語のハッシュタグは便利です。
海外からのフォロワーが更に増えますよ☆

☆料金☆
3000円

支払い方法、納期などはお問い合わせいただいてから返信します。

以下のフォームの備考欄に、
instaプロフィール作成と記載して、こんな感じのプロフィールを今使っています、というようなものをコピペしてもらえると助かります。

Tシャツを買う値段で、気の利いた英語のプロフィールゲットできるチャンスです。
皆さんお気軽にお問い合わせくださいませ^^

氏名 (必須)

E-mailアドレス(PCのメールアドレス推奨) (必須)

件名

本文
以下の情報をお知らせください。
1)日英翻訳か英日翻訳の明記
2)およその文字数をお知らせください。
3)翻訳物のジャンル(例:IT、音楽、アート、法律文書、医療、instagram プロフィールなど)
折り返しご連絡し、お客様よりデータを頂いた上で、正式な見積もりをお出しいたします。

英語翻訳を自分でやるときのこつ 主語の見極め/受動態

こんにちは。翻訳者の石渡です。

この夏は、新規の翻訳のご依頼を沢山いただいたのと、高校受験生の姪の英語特訓を仰せつかり、7月はばたばたとしていました。

さて、現在私のところにご依頼いただくのはWebなどで公表する記事などが多いです。

英訳のご依頼が全体の六割程度と多いのですが、たまに自分で英訳するので校正チェックだけお願いね!というご依頼もあります。
第三者が客観的に読む作業を行うだけでさらにぐっと精度があがるのです。
なので、自分が翻訳と校正まで行う場合は、翻訳を終えて間に一日か二日くらい休みをいれることで、客観できるような環境を作ります。

苦手であれば餅は餅屋に頼むのは健全だけれど、もし自分で英訳する意欲があるならば、自分の言わんとするニュアンスを良く知るのは自分だから、それはベストだと思います。

そのときに、こうすると日本語に引っ張られず英語がより自然に訳せるかな?
というポイントは何だろう、と思ったときに、これが一番最初に思いつきました。

行為者がわかる受け身の文をできるだけ能動態に

たとえば この商品は、弊社で2016年に開発されました。という文があるとします。

直訳すると、

This product was developed by our company in 2016.

です。

でも、英語の文章では、誰がその行為をしたの?という部分がわかっているならば、できるだけ能動態の文で表すのが自然です。

 

なので、

弊社はこの商品を2016年に開発しました。
We developed this product in 2016.

という能動態の文にします。

日本語文化は、「おれが、わたしが」と自分を主語にして話すのを特に好まない謙虚な話し手が多いので、自分や自社を主語に持ってくるのを避ける傾向があります。けれど、こうした「誰が行ったか」はっきりとわかる場合は、英語では能動態が自然です。言葉が違えば文化も違います。なので、直訳ではなく、発想を転換してみましょう。
そうすることで、ぐっと自然な英語にちかづくし、何より文章がシンプルになって読みやすいです。
相手が読みやすければさらに相手に伝えたいことが伝わりやすくなります。
わたしが作ったの!わたしが、と書いても全然オラオラに聞こえないので安心して能動態を使ってください。^^

じゃあ、受動態っていつ使うの?

これを読んでいて、受動態っていつ使うの?って思った方。

受動態は、こんなことを説明する時が自然です。

1. いつ作られたかに焦点を当てて話す場合

この橋は1972年に建てられました。
This bridge was built in 1972.

という文章は、誰が作ったかよりも、1972年に建てられたという事実に焦点を当てている文章です。
英語では、すごくおおざっぱに言いますが基本的に、伝えたい情報から順番に、語順が並んでいます。なので、文の前に来る言葉ほど大切な情報だったりします。

なので、受動態の形を取り、橋を一番文の先頭に持ってきて、建てられた年を伝えているのです。
また、建築者もわかっていてる場合でも、

A)This bridge was built in 1972 by Yuki Ishiwata.
この橋は1972年にイシワタユキによって建てられた。

B)  Yuki Ishiwata built this bridge in 1972.
イシワタユキは1972年にこの橋を建てた。

と比べみると、Aの受動態の方が主語である橋の歴史っぽい。Bの能動態の方が主語の石渡の生涯の年表っぽい。

教科書だと、同じ意味だから言い換えて文を作れなんて書いていたかもしれませんが、いやいや、同じ事実を違うフィルターで伝えているのです。

2.どうやって/どんなスタイルで作られたかに焦点を当てている場合

この茶室は、数寄屋造で作られています。

This teahouse was built in the Sukiya style.

という場合。これもまた、作った人ではなく、どんなスタイルで作られたかを語りたい場合は、受動態が自然です。

3.どんな原料で/どこで作られているか焦点を当てている場合

このTシャツはオーガニックコットンで作られています。

This t-shirt is made from organic cotton.

このTシャツはインド製です。

This t-shirt was made in India.

上記のように、原産地、原料を伝える場合もやはり受動態です。

なんで受動態は過去形か進行形が多いのか?

さてここで。

受動態で、作られた/作られていますという文を書く時に、

is made

is built

という現在形で受動態の文を書くことが少ないことに気づいた人はいますか?

作る/建てるという動作は、作り終えるその瞬間まで、はっきりとくぎれる時間のスパンの中で起こる動作なので、終わったこと(過去形)か、今起きていること(現在進行形)で語られることが多いです。

建物を例にして見てみましょう。


This building was built in 1981.
このビルは1981年に建てられた。

この年に竣工してもう終わったことなので、過去形です。

Our new house is being built now.
私たちの新居は現在建設中です。

今建設中ですが、これも一定の期間で終了することなので、進行形を使います。

 

逆に受動態で現在形をとるものは、もっとゆるやかな時間の流れのなかで変わらない習慣や、事実などです。

I am so loved by everyone around me.
私ったら周りの皆さんに愛されてるんです。

愛は一晩寝て冷めたりしませんね。建築と違って、ずっとゆるやかというか終わりが見えないもの。こういう状態が続きます。
(愛の定義はつっこまないでね。)

This t-shirt is made of cotton.
このTシャツはコットンでできている。

これも、木綿でできているのは、Tシャツが新品でも着古してよれてきても変わらない事実。なので、現在形で表します。

 

 

知ることは、好きになることへの一歩

たんなる日本語の直訳を越えて、自然に伝えるための英語を身につけていくには

こうした文法的な背景を知っていくことも、すごく役にたちます。

この夏中三の受験生の姪の英語学習を間近で見ていて、文法を最低限わかったら、やはり単語などはある程度暗記が求められます。

けれど、やはり、背景をわかっているのは大事です。

だって!

わかれば楽しいじゃないですか?

本当にその一言なのです。

わかると楽しいです。

そして、ちゃんと丁寧にひもとけば、みんなこの楽しさを味わえると思うのです。

翻訳も、教えることも、言葉の奥深さ、面白さを伝える手伝いをできたらいいなあ。

そんな風にますます思うこの夏なのでした。