exciting? excited? わくわくするの?させちゃうの?

みなさんこんにちは。石渡です。

前回 the がいるとき・いらんときの記事を書くと言ってお別れしましたが

今日はどうしても書きたいことあり、違うトピックです。

今までの生徒さんでも皆さん結構ここを引っかかる人が多いので、
色んな人に役立つかな、と思いました。

そんな今日のお題はこちらです!

I am exciting は、挑発?

 

エキサイティング!というわくわくする事を意味するカタカナ語はとても馴染みがあると思うのですが、

(自分が) わくわくしている!ということを伝えたいとき、なんというでしょう?

 

A) I am excited! 

B) I am exciting!

 

正解は

I am excited! 

 

受動態の形で伝えます。

じゃあ、I am exciting! はどんな意味になるのでしょう?

それはこんな感じに聞こえています….

 

 

 

I am exciting!
わたし わくわくさせちゃうわよ!

 

自分がわくわくしているのを伝えようとしたら、うっかり人をどっきりさせてしまいかねないのです。

 

 

 

 

じゃあ、どうやって使い分けるのを考えたらいいのでしょう?

 

他者がひきがねになって起きる感情・状態には動詞が隠れている

たとえば、以下の三つの文を見てみましょう。

This movie is boring.
この映画はとてもつまらない。

My new job is really exciting.
わたしの新しい仕事って本当にエキサイティングなの。

This article from New York Times was interesting. 
NYタイムズのこの記事、興味深かったよ。

これらの文には実は、

bore 退屈させる
excite わくわくさせる
interest 興味を引く

 

こんな意味の動詞が隠れています。

 

これらの動詞の持つニュアンスこそが、日本語とは違うところ。

「この映画は退屈」って日本語で言う場合、

映画=退屈

と事実として伝えるニュアンスが強いと思います。

 

けれど英語では、

delight 喜ばせる
excite わくわくさせる
thrill どきどきさせる
relieve 安心させる
interest 興味を引く
bore 退屈させる
fascinate 熱狂させる

 


と言う
ような感情や心の状態は、外部の要因によってこの状態が引き起こされるものとして考えます。

なので、こうした感情を自分が感じてるときは、外部の要因によってその感情を味わっているなら受動態を使います。
受動態忘れちゃった人、下の過去記事読んでみてね。

英語翻訳を自分でやるときのこつ 主語の見極め/受動態

 

 

ここで、先ほどの動詞たちを使って例文を見ていきましょう。
自然な日本語の意味と、括弧内にその感情をもたらす要因を書きました。

自然な日本語の言い回しの「〜しています」を直訳しようとして引っ張られずに、外的要因があるかないかを見極めて、正しい文章を組み立てる練習をしたいと思います!

例文

I am delighted  to meet you.
あなたに会えてわたし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えたこと)

My girlfriend is excited about this new career opportunity.
わたしの彼女はこの新しい仕事の機会にわくわくしています。
(要因:新しい仕事の機会)

I am so thrilled to get to see you next weekend.
週末あなたに会えるの、すごくどきどきし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えること)

 

We are so relieved to hear that you didn’t get hurt in the accident.
事故であなたが怪我しなかったの聞いて、私たちすごく安心したよ。
(要因:あなたが無事と聞いたこと)

I am interested in you, to be honest with you.
正直に言うと、君に興味があるんだ。
(要因:君)

I am so bored.
わたしは退屈しています。
(要因:言葉に含まれてないけど、発話されたそのときの状況そのもの)

He is fascinated by Otaku culture.
彼はオタク文化に熱中しています。
(要因:オタク文化)

 

 

逆に、何かについて、こうした感情にさせてくれるんだっていう風に説明したい時は 能動態の動詞か、ingの形の形容詞として説明します。

Your smile delights me.
きみの笑顔が僕を嬉しい気持ちにするんだ。

My upcoming trip will be exciting.
わたしの次の旅は、わくわくするものになるはず。

This short story is thrilling.
この短編小説ははらはらさせるね。

This food is interesting
この料理、面白いね。
(注 この台詞、やんわり変な味って言われてることが 7 割がた。味見してね!)

This blog is boring.
このブログってつまらないね。

Google earth fascinates me.
Google アースに、僕は熱中させられてしまう。

 

 

いかがでしょうか?

exciting と excited の違いがおわかりいただけていたら嬉しいです。
日本語でシンプルに「わくわくする」という場合も、自分がわくわくを感じる側なのか、与える側なのかで考えてみましょう。
どっちを使えば良いか自然と分かってくるはずです。

こんなふうに丸暗記でなくて、考え方自体を理解して覚えれば、これ以外でも似たような表現が出てきても、同じように外的要因のあるなしで、受動態か能動態か判断できると思います!

是非、どんどん英語に触れていってください!

 

 

そんなわけで今日のところはこのへんで。

石渡

 

初めまして!

こんにちは。初めまして。
石渡悠起子と言います。

このたび英語学習と翻訳の仕事のウェブサイトを立ち上げることにしました。

ここで自己紹介を一つ。

わたしは日本の高校を卒業し、2003年からNYの短大へ進学。

卒業後、四年制大学に入学し、準主席で卒業。
音楽やりつつ、2012年に日本へ帰国。
TOEICは随分昔ですが、2010年の初回受験で990点取りました。

今は歌を続けながら、
企業やアート団体などに向けて英日翻訳と日英翻訳を提供しています。

何年も音楽と翻訳の仕事を続ける一方で、
「私が本当に淡々といくらでも皆の役にたてること、何だろう?」

そんな風にずっと考えていました。

 

 

そんな中。

ここ最近英語を教えて欲しい。
この英語のニュアンス合ってる?

等々、聞かれることが沢山。

もしかして、いや、きっとこれも人の役に立てる事かも知れないな。

そんな風に素直に思うようになりました。

 

ここで皆さんに向けて発信するブログが、少しでも英語へもう一度触れたり、もっと好きになるきっかけになればと思います。

そして、わたしがかつて音楽で留学したように、
英語を皆さんの夢を掴む「道具」として身につけてもらえたらこんなに嬉しい事はありません。

これからどうぞ宜しくお願いします!

 

石渡

ウェブの英語辞書あれこれ1 Weblio vs アルク

こんばんは。

石渡です。

昨日は、6年前の3月に、NYで見上げた大きな月を思い出していました。

愛をもって、命に感謝して、今日も、これからもこの生を全うしたい、

ということをずっと思っていました。

さて。翻訳の仕事の合間に、この週末も書こうと思いました。

今日のテーマは英語辞書について。

今や紙の辞書ってなかなか見ませんね。

同じ語源の言葉がいっぺんに、目で見えるので
語彙を増やすときには紙の辞書が一番良いと思います。

しかし、調べ物をするときに、今やスマホがあれば簡単に英語辞書をネット上で使用出来ますので、わたしが好んでよく使う辞書を、目的別に以下まとめていきたいと思います。

発音なら、辞書自体は保守的なWeblio

ejje.weblio.jp

Weblioさんは殆どの言葉に発音のクイック再生ボタンがついています。

発音記号と音節もしっかり書いてあります。

耳で聞いて学習するタイプの人にはとてもおすすめ。

意味は、少し固めの訳が多いので、固い訳をしたいときにはおすすめですが、

カジュアルな口語訳をしたいときには、少し難しいかもしれません。

しかし、語源とかも通常の辞書のようにしっかり記載されているので、

アカデミックやビジネス文書で使用するには、Weblioさんがおすすめです。

【今、現在の英語のニュアンスならアルク

eow.alc.co.jp

アルクさんはカタカナの発音を記載してくださっていますので、目で見て学ぶタイプの人はこっちがおすすめ。

アルクさんの辞書が何よりいいのは、例文・言い回しが本当に今現在よく使うものが沢山あって、ほぐれた口語に訳されていることが多いこと。
生きた英語を学ぶのに、とっても良いと思います。

今日はそんなところです。

次は、英英辞書、シソーラスなどの紹介をします!(^^)

石渡

Resilience レジリエンス、それは柳の様な強さ

こんにちは。

暖かくなってきて、

色々仕事も少しずつ忙しくなってきました。

忙しい方が、自分の豊かな時間にも気づけるし、忙しいの好きです。

さて。

今IT系の翻訳を久々にやっているのですが、

resilient という単語を、たまに見かけます。

形容詞だとresilient

名詞だと resilience レジリエンス

IT業界では、このレジリエンス

障害が発生した際にも、元の状態や機能に回復してのける力を指します。

この同じ言葉が、精神医学の現場でも使われています。

そんな resilienceで 意味を引いてみたいと思います。

今日はアルクより。

eow.alc.co.jp

大きくまとめると

1)回復する力

2)弾力・元に戻ろうとする力

 

が意味としてあります。

なので、精神医学の現場では、ストレスなどを受けても回復する力のことを指すようです。

2017年3月時点、カタカナでレジリエンスGoogle 検索すると、

この精神医学の意味の方がおおいですね。

何が来ても鋼のようにびくともしないのをタフというなら、

柳のように風が吹いてもまた元に戻るしなやかさをレジリエンスというようです。

ちなみに、色んな訳がありますが

レジリエンス=しなやかな強さ

という訳がインターネット上を見ているとあって、

私は個人的に好きです。

結局元の言葉の持つイメージ、色、香りを伝えるのが訳なので、

型どおりの訳じゃあ、翻訳の隙間に埋もれるものがありますよね。

きちんと伝わってくるととても嬉しいです。

写真はうちの柳。

一年前の正月飾りで、金色に塗られて、輪っかにくまれていたのをほどいたら

根が生えて来たので、鉢に植えました。

柳は縁起わるいから捨てなさいと言われたけど、

この生命力を見ていて、春の芽吹きの力強さ、晴れがましさを見ていて

とてもじゃないけど、縁起悪いものには思えない私でした。

あっぱれ!

では。

週末中にまた一本くらい書きたいと思います。

f:id:isitwhat:20170310112409j:plain

f:id:isitwhat:20170310112358j:plain

【お知らせ】中一レベルから、もう一回!出会い直す英語レッスン を始めます。

あーあ。今年こそ英語できるようになりたいな。

今の仕事や自分の趣味でも、英語が話せたら、もう少し書けたら、聞き取れたら、

世界が広がるだろうな。

インスタとかでも英語で発信したいな。

映画も字幕なしで見れたらいいな。

でも、自分には無理だなあ。

中学生の時、授業のある時点から、もやもやしちゃって、

その後は何となくテスト勉強を乗り越えるのは出来ちゃったけど、

正直何がわからないか、よくわからない。

TOEICのスコア伸ばすなんて目標以前に

流行りの英語教材買っても、そのよくわからないもやもやで結局何度も挫折したし、

ネイティブの英会話の先生には細かなニュアンス質問しにくかったし、

発音もめっちゃカタカナ英語だから、英会話クラスで通じなくてしょげたんだっけ…

そもそもスペルを見ただけで発音するの難しいしなぁ。

リスニングだって、RとL聞き分けられないし、

英語、いつか出来るようになりたいけど、無理かなあ…

もしあなたがこんな風に思っていたら、

胸を張って、この《中一レベルから、もう一回!出会い直す英語レッスン》
おすすめします。

教えるのは、わたくし石渡悠起子でございます。

日本語で18歳まで生まれ育ち、大学生活五年、その後現地で働きながら音楽活動をする、という在米生活9年を経た後、日本へ帰って来ました。
ネイティブではありませんが、TOEICも初回受験で990点満点でした。(2011年当時。)

今は翻訳と歌の仕事で、英語を使って仕事しています。

気づいたらバイリンガル脳になる、幼少期から英語環境にいた帰国子女ではなく、ほぼ成人してから、後から本気で英語を学んで、そしてそれを講師業だけでなく、別の仕事に使って生きてきたからこそ、日本語で丁寧に、生徒さんと一緒に、英語のわからないもやもやを、紐解くお手伝いをできるんじゃないんかな、と思っています。

与えられた教材を1レッスン、ノルマのように進めていくのではなく、
あなたのペースでわかるまで、じっくり進めていきます。

なぜならば、一つ理解できれば、次へ。

そしてまた次へ、と言うように、

リスニングも文法も理解は、どんどん積み木のように積み上がっていくのです。

少しずつスピードも加速しながら。

そうして、順調な学習ペースが身についたならしめたもの。

巷の教材や英会話教室でも、自分なりに学習を続けていけるペースを作るまでの

土台作りをお手伝いできればと思います。

【こんな人におすすめ】

  • 英語の何がわからないか、わからない…
  • 英会話教室に行くには、わからなすぎて気後れして、とてもじゃないけど無理。
  • ネイティブの先生に習ってみたけど、細かなニュアンスが聞き出せず、もどかしい思いをした。
  • 今年こそ英語を上達を!と思い何度も教材を買ったけど、細かなニュアンスがわからなくて途中でやめてしまった。
  • 文法の名前についている日本語が、全然ぴんと来なくて、そこで理解が止まってしまった。
  • 市販の英語教材の例文の和訳が不自然な日本語で、結局いまいち英語を日本語のように深いレベルまで落とし込めなかった。
  • リスニング力をアップさせて、まずはRとL聞き分けたい
  • 英語で会話していて、何度も相手に聞き返されて自信をなくした事がある。

【出来るようになること】

  • わからない、を一つずつ「わかった!」に変える。
  • 発音とリスニングを同時に練習することで、英語耳を育てながら、英語の発音する口・唇・舌を鍛えていく
  • 個別レッスンで、講師やスクール都合のペースでなく、自分のペースで理解をじっくり深めていく
  • 日本語で、細やかに英語の文法、言い回しのニュアンスの理解を深める
  • 難しく見える文法の名前にこめられた背景も紐解くことで、ただの文法暗記ではなく、より深く、体感レベルで英語を理解する。
  • どうでもいい英語の例文と機械的な直訳の和訳ではなく、生徒さんの仕事や趣味などに合わせた自然な例文を、個別に一緒に作っていくので、より自分の生活の中で、実際に英語を使う準備ができる。
  • レッスンを進めていった後に、いずれ自主的に勉強を続けていけるよう
    自分に合った学習スタイルを見つけられるようになる。

「英語を学ぶ」が目標でなく、
「英語を学んで、その先で、実際に英語を使って自分の世界を更に広げたい」

そんな風に一歩先まで見て、自立して英語と付き合っていける道筋を作りたい方からのお申し込み、お待ちしております。(^^)

【コース詳細】

中一レベルから、もう一回!出会い直す英語文法レッスン

  • 一回110分(+途中10分休憩) × 月4回または月2回
  • 個室での完全個人レッスン

《場所》

横浜・渋谷・新宿の貸し会議室/リハーサルスタジオ

または

田園都市線たまプラーザのプライベートスタジオ
(渋谷から急行で約20分。駅から徒歩5分)

※その他ご希望のエリアあればお問い合わせください。

《料金》

月謝制

月4回  40,000円 (一回あたり10,000円・貸し会議室/スタジオ代込)

月2回  22,000円 (一回あたり11,000円・貸し会議室/スタジオ代込)

*月ごとであれば、レッスン回数は変更可能です。

《お支払い方法》

銀行振込決済

  • 初月に限りお申し込み後三日以内にお願いいたします。もしお申し込み日が開始希望日の三日以内の場合、開始希望日の前日までにお振込くださいますようお願いいたします。)
  • 前月末までに銀行振込でお願いいたします。
  • お申し込みフォーム送信頂いた後、メールにて口座情報をお送りいたします。
  • お振込手数料は生徒様がご負担くださいますようお願いいたします。

キャンセルポリシーなどもきちんと設けておりますので、
お申し込み完了時点でご説明いたします。

【体験レッスン】

初回に限り、希望者の方には60分の体験レッスンを、渋谷または横浜のカフェ、もしくはたまプラーザの個人教室(駅徒歩五分)で実施いたします。

《体験レッスン詳細》
費用3600円。

日程の調整後、事前に指定口座へのお振込をお願いいたします。

お振込の確認をもって、予約完了となります。

体験レッスンは60分のうち40分レッスン、20分はどんな事を学びたいかおたずねする面談となります。

カフェなどでの飲食代は各自負担になります。その他希望エリア等あればお申し込みフォームのコメント欄にご記入お願いします。

本レッスンとは違い、開かれた場所での実施になりますが、

実際にどんなレッスンなのか体験してみてから始めたい!という方、
是非こちらもご利用ください。

☆  ☆  ☆

皆様のお申し込み、お待ちしております!

レッスンお申し込みはこちらから↓

https://ws.formzu.net/dist/S15943235/

体験レッスンのお申し込みはこちらから↓

https://ws.formzu.net/dist/S38489523/