exciting? excited? わくわくするの?させちゃうの?

みなさんこんにちは。石渡です。

前回 the がいるとき・いらんときの記事を書くと言ってお別れしましたが

今日はどうしても書きたいことあり、違うトピックです。

今までの生徒さんでも皆さん結構ここを引っかかる人が多いので、
色んな人に役立つかな、と思いました。

そんな今日のお題はこちらです!

I am exciting は、挑発?

 

エキサイティング!というわくわくする事を意味するカタカナ語はとても馴染みがあると思うのですが、

(自分が) わくわくしている!ということを伝えたいとき、なんというでしょう?

 

A) I am excited! 

B) I am exciting!

 

正解は

I am excited! 

 

受動態の形で伝えます。

じゃあ、I am exciting! はどんな意味になるのでしょう?

それはこんな感じに聞こえています….

 

 

 

I am exciting!
わたし わくわくさせちゃうわよ!

 

自分がわくわくしているのを伝えようとしたら、うっかり人をどっきりさせてしまいかねないのです。

 

 

 

 

じゃあ、どうやって使い分けるのを考えたらいいのでしょう?

 

他者がひきがねになって起きる感情・状態には動詞が隠れている

たとえば、以下の三つの文を見てみましょう。

This movie is boring.
この映画はとてもつまらない。

My new job is really exciting.
わたしの新しい仕事って本当にエキサイティングなの。

This article from New York Times was interesting. 
NYタイムズのこの記事、興味深かったよ。

これらの文には実は、

bore 退屈させる
excite わくわくさせる
interest 興味を引く

 

こんな意味の動詞が隠れています。

 

これらの動詞の持つニュアンスこそが、日本語とは違うところ。

「この映画は退屈」って日本語で言う場合、

映画=退屈

と事実として伝えるニュアンスが強いと思います。

 

けれど英語では、

delight 喜ばせる
excite わくわくさせる
thrill どきどきさせる
relieve 安心させる
interest 興味を引く
bore 退屈させる
fascinate 熱狂させる

 


と言う
ような感情や心の状態は、外部の要因によってこの状態が引き起こされるものとして考えます。

なので、こうした感情を自分が感じてるときは、外部の要因によってその感情を味わっているなら受動態を使います。
受動態忘れちゃった人、下の過去記事読んでみてね。

英語翻訳を自分でやるときのこつ 主語の見極め/受動態

 

 

ここで、先ほどの動詞たちを使って例文を見ていきましょう。
自然な日本語の意味と、括弧内にその感情をもたらす要因を書きました。

自然な日本語の言い回しの「〜しています」を直訳しようとして引っ張られずに、外的要因があるかないかを見極めて、正しい文章を組み立てる練習をしたいと思います!

例文

I am delighted  to meet you.
あなたに会えてわたし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えたこと)

My girlfriend is excited about this new career opportunity.
わたしの彼女はこの新しい仕事の機会にわくわくしています。
(要因:新しい仕事の機会)

I am so thrilled to get to see you next weekend.
週末あなたに会えるの、すごくどきどきし嬉しいわ。
(要因:あなたに会えること)

 

We are so relieved to hear that you didn’t get hurt in the accident.
事故であなたが怪我しなかったの聞いて、私たちすごく安心したよ。
(要因:あなたが無事と聞いたこと)

I am interested in you, to be honest with you.
正直に言うと、君に興味があるんだ。
(要因:君)

I am so bored.
わたしは退屈しています。
(要因:言葉に含まれてないけど、発話されたそのときの状況そのもの)

He is fascinated by Otaku culture.
彼はオタク文化に熱中しています。
(要因:オタク文化)

 

 

逆に、何かについて、こうした感情にさせてくれるんだっていう風に説明したい時は 能動態の動詞か、ingの形の形容詞として説明します。

Your smile delights me.
きみの笑顔が僕を嬉しい気持ちにするんだ。

My upcoming trip will be exciting.
わたしの次の旅は、わくわくするものになるはず。

This short story is thrilling.
この短編小説ははらはらさせるね。

This food is interesting
この料理、面白いね。
(注 この台詞、やんわり変な味って言われてることが 7 割がた。味見してね!)

This blog is boring.
このブログってつまらないね。

Google earth fascinates me.
Google アースに、僕は熱中させられてしまう。

 

 

いかがでしょうか?

exciting と excited の違いがおわかりいただけていたら嬉しいです。
日本語でシンプルに「わくわくする」という場合も、自分がわくわくを感じる側なのか、与える側なのかで考えてみましょう。
どっちを使えば良いか自然と分かってくるはずです。

こんなふうに丸暗記でなくて、考え方自体を理解して覚えれば、これ以外でも似たような表現が出てきても、同じように外的要因のあるなしで、受動態か能動態か判断できると思います!

是非、どんどん英語に触れていってください!

 

 

そんなわけで今日のところはこのへんで。

石渡

 

a と the で、どう使い分けるの?

こんにちは。

英文法の新しい記事を書くまで間があいてしまいました!

翻訳や校正はとっても楽しいから、どんどん続けます。
餅は餅屋に投げないと追いつかない内容やボリュームの依頼は、
是非まかせてください。

もう一方でブログや英語レッスンは、自分で学びたい人が英語をもう少し自由に使えるようになるなら、それもまた皆でハッピーになってていけるから、これもやっぱりとても役立てて嬉しいです。

さて。今日のお題にはいりたいと思います!
今日は記念すべき初の読者リクエストのお題です!うれしいぞ♡

A と the の違い について

a や the は日本語にない冠詞と呼ばれるものです。

20年位前 私が中学生のころには、教科書には a や an は名詞が単数のときにつくと書かれ、the は、「その」って訳されてました。
具体的なイメージが湧くように例をあげてみますね。

a はフレッシュな話題 the は暗黙の了解

すごく細かく言うと、a も the も色々な使い方がありますが、 会話で使い分けるときにまず

  • 初めてする話題に登場するモノ・ヒトはa
  • 会話の相手も自分も既に知っているモノ・ヒトはthe

ということを大前提に覚えていてください!
細かな用法も、これを踏まえているとぐっとわかりやすくなります。

下の絵を見て下さい。

Aのコマではおかっぱちゃんがこう言います。

“I met a guy at a bar on Friday.”(金曜にさ、バーで男の人に出会ったのよね。)

初めて口にする話題で、a guyと言う言い方からは、この男の人はおさげちゃんも知らない人なのだとわかります。
バーも、a barと言っているので、二人が共通で知っている店ではなさそうです。

おさげちゃんが

“Tell me about it.”(へー、その話聞かせて〜。)

と言うと、おかっぱちゃんが顛末をこんな風に話します。

“The guy  kept mansplaining to me.” (その人ったら、ずっとうんちくを語ってきたんだよねー!)

mansplainというのは man 男と explain説明 という動詞を掛け合わせた造語。女の人にうんちくを言う男性の行為をこんな造語の動詞を使います。
(日本もこういう男性、一定数いるけど、こうした言葉が生まれないところを見ると、日本の女性は寛容なのでしょう。)

話題に上ってすぐなので、ここで  The guy と言ったら、聞き手も「今言ったバーで会った人のことね」とわかるのです。

しかしこれには、おさげの友人も笑うしかない!という感じで

“That sucks.”(最悪ね!)

と言っています。


名前を出せない場合の a

おかっぱちゃんとおさげちゃんに再び登場してもらいます。

左の絵ではおかっぱちゃんが

“I’m in love with a man…”(ある男の人に恋しているの….)

とうっとり言っています。

おさげちゃんも“Who is it!?”(誰!?)と聞いています。

右のコマでは
“I broke up with the man I told you.” (あなたに話した男性とは別れたわ。)

と言っています。
おさげちゃんのリアクションは

“That was quick.” (はやいね。)

このときのように、名前を言わないけど、とある誰か、某所、などと言いたいときも a を使用出来ます。

 

個数・人数 の a

こちらは、I  have a pen.  (ペン一本持ってるよ。)

の時の a です。

彼氏欲しいなー!ととりあえず言ってしまうときも
I want a boyfriend.

とりあえずっぽい感じ や、個数がわかれば種類などは問わない感じがします。
これこれ!って特定のものじゃない感じです。

種類・職業の a

I am a student.(わたしは学生です。)

こんな風に、職業を言うときにもつけます。
実はこれが一番日本語にない感覚のような気がします。
a は意外と奥が深いのだ。

じゃあ the はいつ使おうか?

とにかく会話の相手と共通の認識があるもの。お互いが知っているもの。それが派生すると、こんなシチュエーションではthe だよ!となります。

1)家の中の家具や部屋

もしあなたが大豪邸に住んでいない限り、きっとダイニングテーブルや、キッチンは一家に一つ・一設備しかないでしょう。
なのでthe dining table, in the kitchen などとthe がつくことがほとんどなのです。

2) たった一つだけのもの

the sun 太陽
the moon 月
the earth 地球

こうした、誰もが太陽!と言う言葉を聞いて、同じものをイメージできるようなたった一つのものはtheがつきます。

3)自分の行動範囲の中の公園や駅などの場所

たとえば。
図書館
公園

パン屋
コンビニ

これも、自宅の家具などに通じますが、自分の生活圏内にだいたい一つ位しかないか、だいたいいつも使ってしまう店って特定される場合が多いと思います。同じ行動範囲にいる相手には、こうしたものはtheをつけて話すことが多いです。

 

 

 

何となく、感覚がつかめたでしょうか?

これを踏まえて、次回は a もthe もつかない場合について考えてみたいと思います!

 

 

 

 

 

悩みもカタルシスも地味な翻訳

こんばんは。石渡です。

ありがたいことに翻訳の納品が続きまして、ブログをさぼっていました。

翻訳が捗らないので、サボりつつ久しぶりにブログを開き、

この捗らない原因と、翻訳にまつわる小ネタを今日は書いてみます。

翻訳の仕事についてはレートまで開示しているのですが、

実際何やってるの?っていうのは

結構謎じゃないでしょうか。

そもそもよく、通訳さんと間違われるしね。

通訳は、会話や会議、講演をその場で口で訳をする人。

翻訳はテキスト、文字から文字の訳をするひと。

でも、これはもうどらえもんの翻訳こんにゃくのせいにしたい。

だって本当は通訳こんにゃくだよね、あれ。

でも、アプリなどでは音声翻訳などどいう言葉も生まれてきているし、

やっぱり、藤子先生は時代の10歩くらい先を行かれてたのだろうか。

さて。

そんな地味な翻訳ですが、

知らない単語が沢山出てくる、知らない業界の訳はやはり難しいです。

何故かというと訳にかかる前のリサーチが、一定量必要だから。

未知の領域からの依頼が来るときは、

「この言葉は日英両方の言語で、この分野ではまずどんな文脈で使われるのかな」

と調べるところから入ります。

日本に戻り、ある事務所でデバイス機器の仕様やアプリの翻訳に携わったところから、

ぐっとIT業界に近くなり、

三年ほど恵比寿にある某米国系IT企業でインハウスで翻訳(要は従業員として時給で対価をもらって)やっていました。

当時IT系の翻訳にがっつり入っていく時も、やはり最初は日本語でも何のことかわからないので、めっちゃアルゴリズムやプログラミング、データベース、コードの本を読み漁りました。

ついでにコードを書けるようになれたら良かったけど、まあそれは若者に託しましょう。向き不向きが人にはある。

でも、そうやって全く知らないことを学ぶのは、渇いたスポンジに水がしみていくように、のろくても素直に入りやすい。

けれど、苦戦するのは

ある意味では、見慣れてる単語が、別の意味で使われていることを見落とす

という状況ではないでしょうか。

これがおそろしい誤訳の生まれ方、だと思います。

誤訳は、うまい訳がでず苦しんだ結果、ひねり出す意訳とは違い、

そもそも間違えているのに気づいてないから、「何かこの訳しっくりこないな」っていうもやもや感があっても、誤訳を前提に進めていくから、

気づいたときには、ボタンの掛け違いから来る、それ以降の箇所へのダメージもひどい。

という最悪なループにはまるのです。

でも、それに「は!」と気づくと

オセロのようにさーーーと霧が晴れて、何事もなかったかのように捗ったりします。

今日は神奈川は雨ですが、

そんな霧が晴れて欲しいな…と思いつつ、訳する日でした。

結構一晩寝ると、分かったりするんですけどね。

問題も、解決も、ひたすら地味ですが、話したくないときに余分な事を話さなくてすむし、引きこもれるし、やはり好きな仕事です。

次こそ辞書ネタを書きたいと思います。

ではでは。

石渡